実はこんな所にも?身の回りにあるリサイクル品

これもリサイクル?意外と知られていないリサイクルでできたもの

>

リサイクルという言葉はいつから使われるようになったの?

日本でリサイクルが広まった本当の理由

日本では高度経済成長により生産が効率化され、生産量が増えたことに伴い、商品価格が下がったため、人々の大量消費が始まりました。
国民の所得上昇により、消費による廃棄物も増加の一途をたどり、急激な廃棄物の増加は、処分場の容量を超えてしまい、大量の廃棄物が溢れかえる状態になってしまいました。
当時の日本では、廃棄物の処理が、焼却ではなく埋め立てだったため、生ごみが発酵分解を繰り返して悪臭や害虫を発生させるため、処分場の建設で国民と行政が対立する大きな社会問題にもなりました。
日本は、この大量生産、大量消費、大量廃棄物社会を経験し、この問題を解決するためにリサイクル活動が広まり始めました。
その後、循環型社会の方針として、家電リサイクル法や容器包装リサイクル法などが制定され、徐々に個の地道な活動から行政としてリサイクルを定着させる動きになりました。
これまでの長きに渡るごみの歴史の伝承も重要となるようです。

江戸時代のリサイクルは真似できる?

日本の江戸時代は究極のリサイクル時代とも呼ばれ、リサイクルという言葉や概念がなかった頃から、糞尿は農家の堆肥として使用されたり、使い古しの藁草履は肥料の原料にされたりと、物を無駄なく使用し、ゴミの排出が少なかったことが知られています。
循環型社会の手本ともいえる江戸時代ですが、ゴミ問題が存在しなかったわけではありません。
全てのゴミを、田畑に肥料として使用できず、処分場にはゴミが溢れかえったり、今でいうところの不法投棄もこの頃から存在していました。
それでも、今と違い循環型社会ができていた背景には、プラスチックのような石油化学製品がなかったことにより、物を再生しやすい環境にあったといえ、現代には通用しない部分もあるようです。
人口が増えたり、経済が成長するタイミングで起こるゴミ問題ですが、本来ゴミは、生活をする上で日常的に発生するものなので、やはり1人1人の意識と日々の管理が重要となるようです。


TOPへ戻る